新着情報

【共催】第9回兵庫医用画像情報システム研究会のお知らせ

日 時 :2018年 7月 28日(土)13:00 ~ 18:10  ( 受付開始 12:30 )
場 所:兵庫県災害医療センター 2階 研修室
参加費:1,000円 ※学生無料
事前登録受付期間:平成30年6月1日~平成30年7月21日
研究会ホームページURL  http://hmiisconference.wix.com/hmiis 

医療機関における放射線被ばく線量管理について、その目的やニーズの説明、システムを活用した被ばく線量管理を行う上で求められる知識(用語や仕組みなど)の解説。現在被ばく線量管理システムを運用されている事例紹介や、診療報酬点数に関する話題も交え、網羅的に学べるようなプログラムを企画しました。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

<< プログラム >>

テーマ:被ばく線量管理

Ⅰ.開会挨拶 13:00-13:05
                兵庫県立尼崎総合医療センター 菅野 俊

Ⅱ.基礎講座 13:05-14:15
                座長:兵庫県立尼崎総合医療センター 菅野 俊
 「徹底理解! 被ばく線量管理の基礎知識」
                講師:GEヘルスケア・ジャパン株式会社 大越 厚

Ⅲ.事例紹介 14:15-16:55
                座長:姫路赤十字病院 大塚 義修
                   神戸赤十字病院 小川 宗久
 ⅰ) WAZA-ARIv2の活用事例紹介
 「CT被ばく線量評価システムWAZA-ARIv2を用いた被ばく線量管理」
                講師:放射線医学総合研究所 古場 裕介
 「当院におけるWAZA-ARIv2を使用した線量管理について(仮題)」
                講師:神戸労災病院 東山 精吾

 ⅱ) 大阪国際がんセンターの構築事例紹介
 「被ばく線量管理システム構築のノウハウ RDSRから加算3まで」
                講師:キュアホープ株式会社 島田 隆正
 「当院における被ばく線量情報管理について(仮題)」
                講師:大阪国際がんセンター 川眞田 実

Ⅳ.特別講演 17:05-18:05
                座長:製鉄記念広畑病院 廣田 朝司
 「被ばく線量情報の記録について」
                講師:放射線医学総合研究所 奥田 保男

Ⅴ.閉会挨拶 18:05-18:10  
                製鉄記念広畑病院 廣田 朝司